壁塗り替えにフッソ系の塗料を使うと長持ちする?

このエントリーをはてなブックマークに追加

壁塗り替えにフッソ系の塗料を使うと長持ちする?

たくさんの外壁塗装の耐久年数は、およそ5年、長くて十年ちょっとというものが多いのですが、この頃フッ素系の外壁塗装剤で、耐久年数20年という塗装剤が売られるようになっているんです。

それは、創業46周年と言う歴史(「歴史能力検定」という検定試験も行われているそうです)のある会社ユーコーグループのAGCコーテックが開発したフッ素の塗装剤「ルミステージ」です。

ルミステージは、フッ素樹脂ルミフロンから作られた高性能なフッ素樹脂塗料です。

もともとフッソ系の塗料は、外壁塗装としてよりは、屋根塗装の塗装剤として多く使われていました。

予算に余裕がある家庭は外壁にもフッソ系塗料を使用していました。塗膜のもちもトップクラスだったと言われているようですが、AGCコーテックのフッ素の塗装剤のルミステージは、従来のフッ素塗装剤よりさらに性能が上回ったもののだとか。

価格的には高い価格ではないでしょうかが、耐久年数を考えると決して高くなく、経済的な塗料と言えるかもしれません。予算が許すならルミステージがおススメです。

紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)に強く、美しさを保つルミステージは、原料のフッ素樹脂の力で紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)の被害から守ります。

ルミステージの品質の高さは、耐久性で証明されていて、通常は5年?十年の耐久年数の外壁塗装も1五年?20年の耐久性があって、美しい光沢と性能を保つとされています。

ルミステージが採用されている建物や橋には、羽田空港立体駐車場(月極駐車場を借りている人も多いのでは)、横浜レインボーブリッジ、国立劇場、大阪大林本店ビル、佃島小・中学校、東京ビッグサイト、幕張メッセ、新宿三井ビル他多数のビルや建物がありますよね。

 

壁塗り替えリフォームの相場が即わかる!外壁修理あんしんガイド
家の壁塗り替えは新築から7年経過が基本と言われていますが、ひび割れやクラックが見つかったら迅速に行うようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加